トップページ行政情報町長の部屋町長コラム町長コラム 第18号

町長コラム 第18号

美里中学校校舎の改築工事

いよいよ美里中学校校舎の改築が始まります。すでに特別教室棟の解体が終わり、基礎工事に入ろうとしています。多くの皆様のご理解ご協力によるスタートに心より感謝申し上げます。

さて、現在の校舎は、三村合併から12年後に着工、昭和44年に完成して開校しました。

この間の中学統合は昭和41年に松久・大沢中学を廃止して美里中学校を設置しましたが、松久を本校、大沢を分教場に、昭和42年に東児玉中学校を廃止して分教場とし、実際に統合したのは新しい校舎が完成した昭和44年4月でした。旧村校舎から美里中学校卒業生がいたことになります。

美里中学校卒業生は延べ七千四百五十六人に及び、新校舎完成後の卒業生は主に55歳以下の方々となります。

来年夏には、平成の新校舎が完成し現在の北側3階建ての教室棟は解体します。天体望遠鏡の銀色に光るドームがシンボルの多くの卒業生を送り出した校舎も姿を消します。

「解体前に一般開放を」とか「天体望遠鏡の保存」などのご意見もあり、現在検討していますが、近くへ来た際には、少しずつ3階建ての新校舎が姿を見せ、来年には旧校舎が解体されますので、注意してご覧いただければ幸いです。

お問い合わせ先

総務課 秘書広報担当

TEL.0495-76-1115(内線23)