トップページ行政情報町長の部屋町長コラム町長コラム 第26号

町長コラム 第26号

初孫

嫁いだ娘が暮れに男の子を出産、私としては初孫の誕生です。夫婦二人暮らしで夫が出張の多い職業のため、二ヶ月ばかり実家にいました。

最初は落としそうで抱っこがでませんでしたが、泣く子には勝てません。手が足りない時は、私も貴重な戦力です。仕方なく抱っこすると、どういう訳か「すやすや」と大人しく寝てくれます。「お風呂デビュー」もそう遠くないかも?

自分の子供の子育て時はどうだったのだろうと思い返してみます。初めての子は双子だったためか夢中だったのでしょう、思い出せません。いずれにしても、孫は「目に入れても痛くない」と言われていますけど、良く解ります。また、娘が「かわいい! かわいい!」と愛おしく育てている姿を間近で見ると、だんだん母親になってると思うこの頃です。

初孫の時代は、「今より良くなっているだろうか?」と心配すると同時に、町の責任者として、皆さんの幸せと持続可能な地域を創るべく、先頭に立って邁進しなければと身が引き締まります。

国・地方ともに大変難しい、そして厳しい時代の中にあっても、必ず解決の糸口はあるはず。「失敗を恐れず、常に挑戦し続けること、公平無私を心がけること」を初孫は私に再確認させてくれました。

お問い合わせ先

総務課 秘書広報担当

TEL.0495-76-1115(内線88)