トップページ行政情報町長の部屋町長コラム町長コラム 第32号

町長コラム 第32号

人間の幸せとまちづくり

知的障害者を多数雇用するチョーク工場の心温まる話があります。

養護学校の先生から卒業を控えた生徒の雇用依頼があり、その時は断りましたが、「施設に入って、働くことを知らないまま一生を終わる」という先生の言葉に心が動き、2人の女性を2週間だけ雇用したそうです。その2週間働いている中で2人は、社員が「もう休憩しましょう」というまで仕事を止めようとしない。その働く姿勢に心を打たれたそうです。

その後、法事の席で住職さんに知的障害者が働いていることを話したら、その住職さんが、人間の究極の幸せは4つです。・愛されること・褒められること・人の役に立つこと・人に必要とされること、と言われたそうです。

私たちは、豊かさ、便利さの追求が人間の幸せになると信じて頑張ってきた。便利な物がどんどん手に入る一方でストレスを抱え、社会が病んでいるように思えます。

私は、人間の幸せは、もちろん物の豊かさも必要ですが、人と人が関わる心の豊かさが何より大切だと感じます。東日本大震災は、我々にこれからのことを思い、何か変わらなければと感じさせたはずです。その思いは必ず住みやすいまち、心豊かな町民が集うまちに通ずると信じます。

お問い合わせ先

総務課 秘書広報担当

TEL.0495-76-1115(内線88)