トップページ行政情報町長の部屋町長コラム町長コラム 第48号

町長コラム 第48号

「幸」あれ

ある日の新聞記事の中に「ここに幸あり」という記事があり、ネットで歌詞や時代を調べていたら偶然、「辛+一=幸」という言葉があり、のぞいてみると…。

ズバリ、タイトルとして出版されている本がありました。「辛さも少しの勇気と希望を持って一歩踏み出せば幸せに変わるはず」。

別のブログには、人生には風雨の日も晴れの日もある。でも、天気予報で嵐や雨が降ることがわかれば傘を持ったり外出を控えたりします。人生にも雨が降れば心の傘を持てばいい、「辛い」ことを取り除くことが「幸せ」ではなく、「辛い」ことに何かを足すことが「幸せ」ではないか。などなど…。

平成23年9月号コラムに、人間の究極の幸せとは、愛されること、褒められること、人の役に立つこと、人に必要とされること。知的障害者を多数雇用するチョーク工場の心温まる話を紹介しました。昨年の小中学校出前授業では、あえて「幸せ」にふれ、幸せになること、幸せになる努力をしてほしいと話しました。

人生は、誰しも愉しく幸せなものでありたいと願っています。「ここに幸あり」がヒットした高度経済成長期は、より豊かになりたいという希望があふれていたように感じます。現在は、将来への不安がさらに増幅して連鎖し、悪い方へ悪い方へ引っ張られているようです。

作り笑顔でも本当の笑顔と同じ効果が心身にあると言われています。

笑顔と希望で、皆さんに幸あれ。

お問い合わせ先

総務課 秘書広報担当

TEL.0495-76-1115(内線88)