トップページ行政情報町長の部屋町長コラム町長コラム 第63号

町長コラム 第63号

旅立ち

今年の第48回美里中学校卒業生は104人、毎年、立派な卒業式に立ち会っています。不安と希望を胸に、送り出される卒業生、一人ひとりに幸あれと祈ります。

私は、平成9年からほぼ毎年、小中学校卒業式に参加させていただいていますが、これは「感動」の一言です。いつも、目頭を熱くし、素晴らしい場に立ち会え、心が洗われる思いを感じて帰ります。

ところで、「校歌」を歌えますか?

美里中学校校歌は、昭和43年1月に作られました。この年以降の卒業生、昭和31年以降の生まれの方となると思います。

母校の校歌は、ス~と何の違和感なく入ってきて、凛としながらも懐かしく感じます。小学校は6年間、中学校は3年間、事あるごとに歌いますから、年を重ねても条件反射ですかね。

一方、他校の校歌は「この学校はこういうメロディ~なんだ。」と、私は東児玉小学校卒ですから、松久や大沢小学校の校歌は、やはり耳慣れないメロディーです。

さて、今年の入学予定者は、中学校97名、松久小30名、東児玉小52名、大沢小15名です。中学校は3クラス、東児玉は2クラス、松久・大沢は1クラスです。小中学校は地域の拠り所。これ以上の減少は学校存続にも影響するため、今年度から新たな定住促進策を始めます。

お問い合わせ先

総務課 秘書広報担当

TEL.0495-76-1115(内線88)