トップページ行政情報町長の部屋町長コラム町長コラム 第71号

町長コラム 第71号

アンガーマネジメント

 子供のいじめやしつけ、暴力対策について調べる中で、「怒り」の感情と上手に付き合うトレーニングを知り、早速入門講座を受けてみました。
 怒ることは自然な感情ですが、問題なのは、怒るときはしっかり怒り、怒る必要のないものは怒らずに済むように区別が出来ていないことだそうです。
 怒りの感情は第二次感情で、まず、第一次感情があり、そこではじめて第二次感情である怒りが現れる。心にコップがあると想像してください。生活の中で徐々に、つらい、苦しい、悲しい、疲れた、寂しい、不安といった精神を不安定にさせる感情(第一次感情)の水がコップに溜まってきます。コップがあふれそうになり、何かきっかけがあるとあふれ、怒りという感情が生まれるとのことです。
 また、怒りの性質の一つに、怒りは身近な対象であればあるほど強くなり、上から下へ、強い者から弱い者へ連鎖する。さらに、怒りの感情は伝染すると言われています。近くで誰かがイライラしていると周りもイライラ。家庭で親がイライラしていれば子供もイライラする。会社など社会でのストレスは家庭に持ち込まれ、妻や夫に向かい、それが子供へ、子供から学校の友達へと連鎖すると言われています。
 大人が怒りやイライラと上手く付き合い、子供や弱い者に暴力や暴言を使わないで済めば、また、子供たちにも、暴力やいじめの予防につながればいいなと考えています。私は、入門講座で教えられた三つの暗号(6秒、3重丸、分かれ道)に日々悪戦苦闘しています。

お問い合わせ先

総務課 秘書広報・人権担当

TEL.0495-76-1115