トップページ行政情報町長の部屋町長コラム町長コラム 第78号

町長コラム 第78号

地方創生③ 新しい人の流れ

 そうだ、みさとへ行こう!
 ブルーベリーだけじゃないぞ!と言える、言ってもらえる、そう胸を張れる町にしたいですね。
 さて、美里町の人口移動状況を見ると、年によって変動はありますが、死亡と出生の差(自然増減)は約90人の減、転出と転入の差(社会増減)は約20人の増、差引き70人前後の人口が毎年減少しています。
 転出者は20~24歳に集中し、高校卒業後に大学や就職で町外へ出る人が多いと考えられます。
 一方、過去5年間の9歳以下と30~39歳の転出入は、男女ともプラスです。一旦町外で生活していた親子が、小学校入学前に実家やその周辺に帰ってきていることがうかがえます。
 まず、美里町で生まれ育った子が町に留まり、一旦転出しても「子供は美里の学校へ」と思ってもらうこと。そして、町外の人にも選んでほしいですよね。
 そのためには、近くに安定した収入が得られる職場があること。美里を選ぶ魅力や理由があることなどが必要となるでしょう。さらに、子育てし易い経済的社会的な環境も必要です。
 その一つの仕掛けとして、スマートIC及び産業団地、土地利用の弾力化などを進め、町財政も安定するよう努力しています。
 そして何より大切なことは、町民が一丸となって暮らしやすい町を目指していること。町の魅力は役場だけではダメで、町民お一人お一人の日頃の積み重ねが醸し出す営みだと思います。

お問い合わせ先

総務課 秘書広報・人権担当

TEL.0495-76-1115