(仮称)寄居PAスマートインターチェンジ

深谷市、寄居町、美里町の1市2町と東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)では、関越自動車道の寄居パーキングエリアに、ETC専用のインターチェンジ(スマートインターチェンジ)の整備を進めています。

お知らせ

 ○(仮称)寄居PAスマートインターチェンジ事業化決定 !

 ○3市町(深谷市、寄居町、美里町)による「(仮称)寄居PAスマートインターチェンジ設置に関する協定書調印式」

 

(仮称)寄居PAスマートICの概要

関越自動車道の花園ICと本庄児玉IC間の距離は約13.5kmで、ほぼ中間にある寄居パーキングエリアにおいて、スマートインターチェンジの計画を進めています。

 ○対応車種:ETC車載器を搭載した全車種

 ○設置場所:関越自動車道寄居PA(上り側 深谷市本郷地内、下り側寄居町用土地内)

 ○利用形態:一旦停止型、フルインター(上下線とも出入り可)

 

参考資料

 

(仮称)寄居PAスマートインターチェンジ事業概要 パンフレット(PDF:197KB)

(仮称)寄居PAスマートインターチェンジ概略図(PDF:94KB)

 

スマートインターチェンジとは

スマートインターチェンジ(スマートIC)とは、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バスストップから乗り降りができるように設置されるインターチェンジで、通行可能な車両(料金の支払い方法)を、ETCを搭載した車両に限定しているインターチェンジです。利用車両がETC搭載車に限定されているため、簡易な料金所の設置で済み、料金徴収員が不要なため、従来のICに比べて低コストで導入できるなどのメリットがあります。

 

 ○スマートIC制度実施要綱(PDF:222KB)

 ○スマートIC設置までの流れ

経緯・予定

 ○これまでの経緯(PDF:8KB)

 ○今後の予定(PDF:58KB)

(仮称)寄居PAスマートインターチェンジの設置に係る地区協議会

スマートIC を設置するにあたって、国のスマートIC 制度実施要綱に基づき設置するものです。市町・県・国・高速道路株式会社・学識経験者等により構成され、スマートインターチェンジの設置に向けた検討・調整を行うとともに、インターチェンジ供用後も管理・運営形態等について定期的にフォローアップすることを目的としています。

地区協議会開催状況

平成23年2月25日に地区協議会が設置されました。

地区協議会規約(PDF:11KB)

 

地区協議会開催報告

 ○第1回地区協議会開催報告

第1回地区協議会報道発表資料(PDF:342KB)

 

 ○第2回地区協議会開催報告

Get AdobeReader報道発表資料はPDF形式で公開しています。
ご覧になるためにはAdobe® Reader®などのPDF閲覧ソフトが必要です。
お持ちでない方はAdobe社から無料で配布されていますので、こちらよりダウンロードをお願いします。

関連リンク

 ○国土交通省道路局 スマートインターチェンジ

 ○東日本高速道路株式会社

 

問合せ先

○美里町役場  : 建設水道課 建設環境係
            電話 0495−76−5134

○深谷市役所  : 都市整備部道路河川課・都市計画課    深谷市ホームページ
            電話 048−571−1211(代表) 

○寄居町役場  : 建設課                    寄居町ホームページ
            電話 048−581−2121(代表)