ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険の第一号保険料の減免について

    • 初版公開日:[2021年07月01日]
    • 更新日:[2021年10月27日]
    • ID:1040

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    新型コロナウイルス感染症の影響により、次の要件を満たすかたは、介護保険料の減免申請をすることができます。


    減免の要件について


    1. 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った被保険者 ⇒ 保険料を全額免除
    2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる被保険者    ⇒ 保険料の一部を減額



    (注意)世帯の主たる生計維持者とは、原則として住民票上の世帯主です。世帯主以外のかたの収入で生計が維持されている場合は、そのかたが主たる生計維持者となり得ます。


    保険料が一部減額される具体的な要件



     世帯の主たる生計維持者が次の2つの要件のどちらにも該当すること


    1. 令和3年の事業収入や給与収入など、収入の種類ごとにみた収入のいずれかが、令和2年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
    2. 収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下であること


    減免額の計算方法について


    減免額は、減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額です



    減免対象保険料額(A×B/C)

     A:被保険者の保険料額

     B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る前年の所得額

     C:世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額




    世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額に応じた減免割合(D)
    • 210万円以下の場合  :全部(10分の10)
    • 210万円を超える場合 :10分の8




    (注意)世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、令和2年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全部が免除となります。



    減免対象となる保険料について


    1. 令和3年度分の保険料のうち、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に普通徴収の納期限(年金天引きの場合には年金の支払日)が設定されている保険料
    2. 令和2年度相当分の保険料のうち、令和2年度末に資格を取得したこと等により、令和3年4月以降の期間に納期限が設定されている保険料


    申請手続き等について


    上記の要件に該当し、介護保険料の納付が困難な場合は、次の書類等をご用意いただき、申請期限までに窓口へ提出または郵送にて申請してください。


    (注意)申請期限は納期限の7日前までです。期限後に申請される場合、原則、提出日から起算して7日を経過する日以降の納期が減免対象となりますので、ご注意ください。


    申請に必要な書類等


    1.減免申請書

    2.減免の要件に該当することを証明する書類

    • 死亡
      医師による死亡診断書、診断書、証明書等
    • 重篤な傷病
      医師による診断書、証明書等(1か月以上の治療を有することや人工心肺等の使用の有無等が確認できるもの)
    • 収入減少等

    1. 収入減少等の確認
      令和2年分と令和3年分(申請時点まで)の収入が確認できる書類
      帳簿、売上台帳、源泉徴収票、給与明細書、通帳等
    2. 事業廃止等(給与所得者以外)の場合
      廃業届、登記簿謄本等
    3. 失業(給与所得者)の場合
      離職証明書、解雇通知、雇用保険受給資格者証等


    減免の適用について


    減免の該当・非該当の決定については、審査後、通知の発送をもってお知らせします。


    (注意)すでにお支払いいただいている保険料が減免となった場合は、保険料を還付します。


    お問い合わせ

    美里町役場総務税務課住民税係

    TEL: 0495-76-5131

    FAX: 0495-76-0909

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム