ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    交通事故等にあったとき(第三者行為)(後期高齢者医療制度)

    • 初版公開日:[2020年12月16日]
    • 更新日:[2021年4月1日]
    • ID:44

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     交通事故など第三者(自分以外の他人)の加害行為によってケガをした場合でも、後期高齢者医療被保険者証を使って治療を受けることができます。ただし、本来加害者が負担すべきものであるため、後期高齢者医療が一時的に立替え払いし、後日加害者に請求することになります。第三者行為によって受けたケガの治療に後期高齢者医療被保険者証を使用する場合は、必ず「第三者の行為による被害届」等を提出してください。

    (注意)加害者から治療費を受け取ったり、示談をしてしまうと、後期高齢者医療が使えなくなる場合があります。また労災保険の対象になるもの(仕事上のけがなど)については、保険証は使えません。

    申請に必要なもの

    • 第三者の行為による被害届等
      ・事故発生状況報告書
      ・個人情報の取り扱いに関する同意書
      ・誓約書
    • 被保険者証
    • 印鑑(朱肉を使用するもの)
    • マイナンバーのわかる書類
    • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)

    申請場所

    住民保険課 保険年金係